記事一覧

本気出したら切なさがくるんだぜ

グレンラガンが終わりましたね…。2クールでしたが、
壮大な物語を見終わった気分になりました。
本当いいアニメだったなぁ…。
あまりに良い最終回だったので、逆に語る言葉が
見つからない…。しみじみ残る最終回でした…。
いい最終回といえば、『瀬戸の花嫁』も近年稀に見る
見事な最終回でした。ラブコメアニメで泣いたの
初めてだよ!永澄さんは燦ちゃんの永遠の婿!
そんで燦ちゃんは永澄さんの永遠の嫁だ!バンジャーイ!

好きなアニメが立て続けに「ブラーヴァ!(by美輪様)」
な最終回を迎えて、祭りの終わった寂しさにシミジミ
いたしました。寂しいといえば、「石川賢作品完結もの」
ですよ。(原作ものは除く)
石川賢先生の漫画って未完っつーか、「さあ、これからだ!」
ENDが多いわけですが、キッチリ完結してる作品もある
ですよ。
パッと思い浮かぶのが『ゲッターロボ號』と『武蔵伝』。
共通点は寂寥感。
ダイナミックな超絶アクションを描き出す精緻な筆が、ひとたび
物語の完結へその力を使うとフントにもーホントにもー
泣ける。寂しい。切ねえ。という感情をかきたてます。

『魔界転生』を読みまくりの時期は、アクションや魔のイメージの
奔流に燃えあがりつつ、武蔵の臨終や柳生但馬守の述懐のシーンで
「あれ?燃えだけじゃなくて、切ない描写や寂しい描写も
上手くない?」とフト思ったものです。(思ったけどその後の
武蔵の中に鮮烈に現れる十兵衛のシーンの虜になってたりするので、
すぐ忘れる)

そんで『ゲッターロボ號』のあの見事すぎるラストに
感動しつつ、同時にものすごいショックも受けて、
『武蔵伝』を読んでそのショックを再び思い出し、
「ああ、石川賢先生の漫画は戦い(世界)が続くような
ENDの方がいいんだなぁ」としみじみ思いました。
いや、ゲッターロボ號も(サーガ展開は後なので今は含まない)
「世界は続き、未来に繋がる」的描写もちゃんとあるんですが、
他のゲッターとはなんか違う。
「ああ本当に終わりなんだ…」とガクリ力が抜けちゃう
という感じで。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

3K単行本

マンガ図書館Z様にて無料公開中です。
番長桃色遊戯
↑こちらからどうぞ

DL販売

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com 3K浪漫の作品一覧 3K浪漫の作品一覧

アルバム